事務所概要

ホーム > 事務所概要 > 事務所の特徴

事務所の特徴

  • 取扱事件は、民事事件が中心であり、その中でも企業からの相談や依頼に対応する企業法務とそれ以外の個人の方からの相談や依頼に対応する一般民事事件や家事事件が半々くらいの割合となっています。
  • 企業法務の場合には、各種相談案件が多くなりますが、その中でも、各種契約や新規事業に対する事前の法務アドバイス、内部統制システムの構築に関する法務アドバイスなどの予防法務的な相談案件に重点を置いています。
  • 珍しいところでは、PFIの取組があります。PFIとは、プライベート ファイナンス イニシアチヴ(Private Finance Initiative)の略で、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。当事務所では、PFIの法務アドバザリー業務を行っています。
  • 一般民事事件については、多様な事件を取り扱っています。また、離婚事件や遺産分割事件等の家事事件の件数が多いことが特徴といえます。
  • 複雑困難な事件になることが多い医療過誤事件も数多く手がけています。
  • 近時、当事務所のサービス内容として、充実化を図っているのが、起業支援と事業承継です。起業支援は、起業する際のトータルな法的サービスを行うものです。事業承継は、税理士と協働して事業承継のスキームを構築します。 さらに、数多くの上場会社及び上場を控える会社の社外監査役としての経験を踏まえ、上場支援(企業が上場する際の法務コンサルティング業務)にも力を入れております。
  • また、監査法人、税理士、司法書士、臨床心理士、社会保険労務士、弁理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、行政書士等と連携し、常に総合的なサービスを提供できるように心がけています。
このページの先頭へ