所属弁護士紹介

ホーム > 所属弁護士紹介 > 戸根住夫

所属弁護士紹介

戸根 住夫
名前 戸根 住夫(とね すみお)
弁護士(客員)
生年月日 1924年7月22日
学歴等 1941年3月

大阪府立北野中学校4年終了

1943年9月

浪速高等学校(旧制)卒業

1949年3月

東京大学法学部卒業

1949年4月 〜1951年3月

司法修習生

1951年4月 〜1988年4月

裁判官(大阪高等裁判所,大阪地方裁判所等において主に民事訴訟、執行、保全関係事件を担当)

1988年5月〜

弁護士登録(大阪弁護士会)今日に至る

1989年4月〜2000年3月

姫路獨協大学教授(民事訴訟法担当)


著 作

仮差押・仮処分に関する諸問題(司法研究報告書)1963年
民事保全法要論(体系書)2014年
訴訟と非訟の交錯(論文集)2007年
民事裁判における適正手続(論文集)2014年
  その他民事手続法関係の論文,判例評釈等多数

人物紹介

同弁護士は,上記のとおり裁判官と大学教授の経歴も長く,通常の民事判決手続のみならず,強制執行,民事保全,家事,非訟事件についても実務経験が豊富であり,これと並行して関連の法律理論の究明にも尽瘁してきた。現在も老齢ながら各種の困難な理論上の問題を含む事件処理にも対処すべく,当事務所所蔵の豊富な日独の文献を用いて日々研鑽に励んでいる。
弁護士一覧へ戻る
このページの先頭へ